nanae’s blog

素のじぶんになりたい

桜が満開ですね🌸🌸🌸

こんにちは。今日もありがとうございます

 

すこし外に出られたので、さんぽして桜をみてきました。

だいぶあたたかくなってきました☀

 

まだなぜかふあんになってしまうので、長時間外にいられないのですが、

もっと、自然に歩けるようになりたいなと思います。

 

なんとか写真とりました☺f:id:nanae888:20170406212918j:plain

 

ドラマをみました☺ ☺

深夜、パンセというドラマをみました。

おだやかで、やさしいきもちになるドラマでした。

かわいい雰囲気と、ゆっくりしたストーリー展開、そして広島弁の声はとてもなごみました~。

 

成長はゆっくりでいいんだ。。

とまってしまったなら、

また、一歩ずつ。。

とまらずにいれば…ゆっくり、ゆっくり、そのひとのはやさで成長。

その姿がいいなとおもいました。

 

さいしょの一歩は、とてもエネルギーがいるのだと感じます。

わたしもその真っただなかにいて、

毎日0.00001歩でも踏みだしているつもりです。

ちゃんとすすんでいるかな~?

 

ずーっと、20年近く朝型生活できていたのですが、

この1、2年は夜行性になっていて、

朝4時にはおきていたのが、今は朝3時にようやく寝ます…

でもそのおかげで、深夜に良いドラマをしていることを知ったり、

真夜中に意外と小鳥が活動している!ことを知ったり、

夜は夜で、おもしろことを発見したからよかった

 

窓の外にみえているたんぽぽみたいな花が、つぎつぎと咲き始めて、

日に当たっている様子をみているとうれしい

何もないようにみえていた場所だったのに 

 

ドラマをみました☺

ドラマの、東京タラレバ娘を毎週みていて、今日は最終回でしたが、
じーんときました
女の子たちはかわいいし♡
あったかい良いお話だなぁと思いました

登場人物たちより、ひとまわり位としうえだけど、
だからこそ?自分のこれまでのいろんな出来事と重なったり、気持ちがちょっとわかる気がしたり…

としを重ねると、顔にシミができたりすこしずつ白髪を発見したり、、ちょっとあせるのですが、

反対に、いいな♡と思うところもあります!
それは、以前よりもいろんな感情やきもちに共感できるようになっているところです

わたしは、夫とかじぶんの子どもという存在がないので、全部じぶん、じぶんとなってしまい、じぶんの内面ばかり見ようとしてきました

でも、それに飽きて?つかれて?めんどうになってきて?(^_^;)か、、
ほかの、じぶん以外のひとのきもちをかんがえたくて仕方ありません

でもでも、まだなんだか怖くて、リアルなものへはふみこめないです、、

それで、ドラマにすごくはまっているのかもしれません…
若いときに、ほとんどテレビ見てなかったのもあるかな

ドラマにとても興味津々な日々です☺


今日も、ご訪問くださって
ありがとうございます☆☆☆

そういえば、桜が咲きはじめましたね🌸🌸🌸

さみしい

さみしいです

どうしてこんなにさみしいんだろう


この感じ、なんなんだろうかとおもいます


おなかのあたりがむずむずしたり
なみだがでそうになって、まぶたがいたかったり

みんな無関係に思える

ブログに書いてどうしたいんだろう

見知らぬひとになぐさめてもらいたいのかなぁ
ともだちがほしいのかなぁ

よくわからない

いや、わからないんじゃなくて、

明らかに、
どなたかに気づいてほしくて
だれかと仲良くなりたくて
仲間がほしい


いつも、こんなことを言うときらわれるのかな、とか、ひいてしまうかも
と思うので、表にだしません

でも、素の自分でいられるようになりたいから
書きます

これでいいのか失敗なのかわからないけど、書きます

すこしずつ変わっていきたい
オープンになりたい


こころの声、読んでくださった方
ありがとうございます

喜ぶことをかんがえています

 

ひとが喜ぶこと

ってなんだろうと、最近考えています

 

ひとが喜ぶために、じぶんができることなにかな…

 

ひとがしていることで、じぶんはたくさん喜んでいます

 

スマホやパソコンを日常的に使うことができたり

コンビニに行けばチョコレートを買うことができるし

さみしいときにテレビでいろんな番組を見られたり

野菜をつかって料理したり

水道の水を沸かしてお茶を入れることもできます

おふとんで寝られて

ポストに手紙が届いていて

外には道路があって、信号機がはたらいていて…

 

身近なことだけでも、ほんとうにたくさん身のまわりにありがたいことがある

みんな、だれか働いてつくっているから。

 

じゃあ、じぶんにはなにができるかな…

 

長い間夢見ごこちで、まわりを見ていなかったじぶんがはずかしいです

しっかりしたい

 

体当たり、無謀にがんばりすぎたから

もうがんばらないようにしよう、休もう、ってしていたけれど

 

やっぱりすこしずつでも、ふみださなくては

 

 

窓をあけると見えるところ、お日さまがあたる時間の少ない場所に、茎の太くてながい、たんぽぽのような花が咲きそうな草(?)がのびています。日々ちょっとずつのびてきました。

 

そういえば、この草殿は、(地面の根っこはどうなってるかわかりませんが)いつふるかわからない雨の水と、少しの時間あたる日光と、風やなにかそういった、関わるもののなかで成長して、葉っぱをふやして、つぼみをつけたりしているんだなぁ

とあらためておもいました

 

それはこの草だけでなく、そういうふうに日々成長している人やいろいろな存在がいるのですよね。

 

あれがないからできない、などと、しょっちゅうなにかのせいにしている自分を省みました

 

日曜日。すこし散歩しました

きょうはお天気がよくて、すこし外を歩きました。

 

近所にパンジーの鉢植えがあって、みずやりをしたばかりのようでした。

直径30センチくらいの鉢に色々な色、紫色や黄色のパンジーが咲いていてかわいいです。

さざんか?つばき?も咲いていました。

 

最近、テレビのCMで、

”海が見える 海が見えた 5年ぶりに見る尾道の海はなつかしい”

(あっているかな?)このことばがきこえてきて、

電車に乗っていけるようになりたいと思いました。

 

ちいさいころ、家は公務員の家庭だったので父の転勤が多く、

尾道は、高校2年生のときに転校した先でしたが、なかなかすきになれず、さみしいきもちですごしたなぁ。だいたい4年間住んで横浜に就職しました。横浜はけっこうすぐすきになりました。

就職して退職したあとは、尾道に帰ったり東京にでたり、はずかしいのですがお金もないのに何度も引っ越しました。不確かな舞台を目指すフリーターと化していました。

一体どこにいればいいのか、地に足をつけたい!正真正銘の根無し草状態で泣いてばかりいたな~。じぶんがいてもいい故郷はどこー!!って。

 

そのような20代の間、もっと楽しめばよかった、前向きに取り組めばよかった、若くてきれいな時期におしゃれすればよかった…

きらきらすることがいくらでもできただろうに…と、もうくやんでもしょうがないのですが。

物理的な時間の流れの中で、いまが一番若い!ということにふと気がついてからは、その後悔から学んで、いまをきらきらにしたい!と思うようになりました。(でも、なかなかすぐにはきもちがきりかわらなくて、本当にゆっくりうけいれていっています。)

 

いまは実家も山口県なので、尾道は実家でもなんでもないのですが、

いまとなってはふるさとみたいに感じます。

 

あぁ

本当は知っていました。

れいな海岸も小さな渡船も島も、周りの人たちのやさしい声も、のんびり猫たちも、いい雰囲気のお寺も、ゆうやけ空も…

 

すなおなこころになろう

すなおって、なみだがでそう。

すがすがしさが、すこしつよいそよ風みたいにふいてくる感覚になります

 

 

 

社会にでてから今まで。おおまかに

わたしは38歳の独身です。

 

20歳のとき短大保育科を卒業したあと、プロの劇団で働いていて全国公演に加わっていました。小学校やホールで上演する劇団です。こどものころに学校で鑑賞会がありませんでしたか?あれです。

わたしは演劇鑑賞はにがてでした。退屈だしテンションについていけないなあ…と思っていたのに、自分がそういう職業についていました。

でも、舞台の世界はとても興味深く、音楽や演技のレッスンに尽力して毎日とてもエネルギッシュに生活していました。

1年半位たったころ、先輩の団員のひとと、ふたりで劇団を立ち上げようということで退職しました。

そのとき、社長さんやたくさんの方にやめるなと言ってもらったのに、留まることができませんでした。舞台の仕事の厳しさから逃げるきもちも働いていたと思います。

その先輩団員のひとの熱意について行こう、じぶんらしくたのしく舞台ができるはず!と希望でいっぱいになってしまっていました。

 

それからの17年、これほど紆余曲折してしまうと思っていなかったです。

 

現在の結論から言うと、劇団も立ち上げることはなかったし、その相棒とはきもちが通じ合うこともないまま年月は経ち、結局17年越しで、「そんなにやりたいことではなかった」と言われ決別しました。

 

なにものこらなかったなあ…という後悔にはまってぬけられず、いまだになかなか本調子になりません。